草加道場とは?

草加道場ってどんなところ?

東武スカイツリー線谷塚駅東口から徒歩2分と駅から間近の武道スポーツ道場です。


草加道場は国内で唯一「空道」と「ブラジリアン柔術」が平日毎日一つの道場で学べる場所です。


草加道場は1つの道場に2つの団体(大道塾&パラエストラ)に支部として認められ活動している国内唯一の道場となります

大道塾って?空道ってなに??

大道塾とは、空手から発展した「空道」の団体として東孝塾長により1981年宮城県仙台市に創立され、現在は東京都豊島区池袋に総本部をおく、日本有数の規模(現在国内100カ所以上、海外約60カ国以上)に支部を持つ総合武道の団体です。(草加道場は大道塾・草加支部として活動)「国際空道連盟」及び「全日本空道連盟」の所属団体として実戦性と安全性を重視した武道スポーツ「空道」の普及に努めています。

☆全日本空道連盟は2015年5月8日付けで、第二のオリンピックと呼ばれるワールドゲームズの国内統括団体である「特定非営利活動法人日本ワールドゲームズ協会(JWGA)」より入会を承認され「空道」は公的競技としての一歩を踏み出しました。

空道とは頭部に「ネオヘッドギア空」という特別に開発された防具を着用し突き、蹴りに加え、投げ、頭突き、肘打ち、金的蹴り、投げ技、寝技など様々な攻撃が認められる総合武道。実戦的でありながら社会に認知される武道スポーツ=空道を目指しています。春には体力別全国大会及びシニア全国大会、秋には無差別全国大会及びジュニア全国大会を毎年開催し4年に1回世界大会を開催しています。

空道(大道塾)紹介動画

 

大道塾HPより引用・大道塾HPはこちらから http://www.daidojuku.com/home/home.htm

パラエストラって?ブラジリアン柔術ってなに??

パラエストラとは1997年12月1日、中井祐樹代表は自らの理想を追求するために、総合格闘技とブラジリアン柔術の道場を開設されました。名付けてパラエストラ。開設以前からの協力者である番頭・若林太郎によって命名されたその名称は古代ギリシャ時代にパンクラチオンやレスリング選手を育てていた格闘技学校に由来されています。パラエストラのキャッチフレーズはマーシャルアーツコミニケーション。「格闘技は、言葉や人種、年齢の壁を越えることができるコミニケーション手段である」というのが基本姿勢になります。格闘技を楽しむことこそパラエストラのテーマです。創立当初よりスタートした支部ネットワークは国内外に40箇所以上の支部があります。(草加道場はパラエストラ・草加支部として活動)

ブラジリアン柔術とは柔道をベースにブラジルで独自の発展を遂げた寝技主体の格闘技。組技のみで戦い打撃は行わない。取り組みやすく誰にでもできる敷居の低いスポーツとしては非常に優れたものがある。競技ルールでは、体重による階級分けだけでなく、年齢や帯色で表される実力のレベルでもクラス分けが行われています。技術の向上を主目的に取り組む事も可能な生涯スポーツとしての性格も併せ持っています。

ブラジリアン柔術(パラエストラ)紹介動画

 

パラエストラ東京HPから引用・パラエストラ東京HPはこちら http://www.paraestra.com/

 

 

空道&ブラジリアン柔術は「自ら経験するほうが見るだけの何倍も楽しいものです!」是非、草加道場に足を運んで武道スポーツを身近に感じてみて下さい。