Q&A

よくあるご質問!

Q・草加道場は何故?大道塾(空道)とパラエストラ(ブラジリアン柔術)なの?
A・草加道場は1つの道場の中に2つの団体が存在してます。大道塾とパラエストラ・・・2つの団体は昔から友好団体としてのお付き合いがあり、草加道場では空道とブラジリアン柔術ともにこの楽しい競技を広く皆さんに伝え感じてもらいたいために活動しています。


Q・キッズ空道って空手と違うの?
A・空道を知ってる親御様から大人と同じルールで子供も戦うのか?空道を全く知らない親御様から空手とどう違うのか?とご質問を受けます。まずは子供のルールでは顔への手での打撃は行いません。キッズクラスの試合では2つのルールがあります。幼年~小学生低学年では基本ルール(胸や腹を突く+蹴る)で行われ、小学校中学年~小学校高学年では(胸や腹を突く+蹴る+投げる)で行われ、中学生では(胸や腹を突く+蹴る+投げる+寝技)で行われます。高校生になるとほぼ大人と変わらないルールで試合を行います。空手と大きく違う所は小学生中学年から相手を掴むことができて投げれることです。キッズの試合では頭部に防具を着用し手足にはサポーターを着用しますので安全性を確保して安全に競技できます。(草加道場では畳やジョイントマットより柔らかいマットの上で練習ができるので投技なども安心して行えます。)中学生になると体育で柔道を行う学校もありますが、草加道場では受け身やマット運動で自分の身を守る指導も行います。

Q・初心者や女性、高齢者でも始められる?
A・誰でも最初は初心者です。年齢や性別も関係ありません、「やりたくなった時が始め時!」なのです。怖がらず第一歩を踏み出しましょう。草加道場は平均年齢35歳、元気な中年が頑張っています。少数ですが女性も練習に励んでいます!


Q・試合や審査にはでなくちゃダメ?
A・試合や昇帯の審査などの参加はあくまでも自由意志です。参加を勧めることはありますが強制はしません。初心者クラスのみ参加の場合は単純に汗を流したい人、ダイエットしたい人、健康維持など試合や審査に関係なくフィットネス感覚で練習を楽しめます。


Q・怪我とかしませんか?
A・どんなスポーツでも怪我をする可能性はありますが、コンタクトスポーツの武道&格闘技のイメージは怪我が怖いってことですね。ただ大きな怪我をする可能性はそんなに大きくありません。道場では「相手に怪我をさせない、自分も怪我をしない」が合言葉となっています。相手がいてこそ自分が強く、上手になれるわけですからね。もし怪我をした場合は応急手当や医療機関の搬送、付き添いなどは行いますが、基本的に各自の自己責任ということでお願いしています。また全ての道場生にスポーツ保険加入を義務付けています。スポーツ保険は大人1,850円、子供1,450円となっていて期間は1年間です。(4月1日~翌年3月31日まで、なお保健期間はいつ加入しても3月31日までです。)練習中や試合などで病院や接骨院に通うような怪我なら補償金が支払われます。


Q・道場に駐車場はありますか?
A・すいません、駐車場はございません。道場は駅前になりますので多数のコインパーキングが点在しています。車の場合はそちらをご利用下さい。バイク、自転車でお越しの場合は道場前に停めておけます。道場前は駐車禁止区域となりますので駐車違反などした場合は自己責任となります。

 


武道スポーツはコンタクトスポーツ!自分自身が鍛錬するなかで痛みや苦しみを乗り越え、相手(仲間)を思いやる気持ちが生まれ人間関係も深まり仲間同士が切磋琢磨し向上して自分自身を高められる良いスポーツだと思っています。まずは気軽な気持ちで第一歩を踏み出して下さい。